メニュー
大きいサイズのポリ袋・ビニール袋の専門取扱サイト 大型袋.jp

大型袋とは? --- ガゼット袋

ガゼット袋とは

「ガゼット」とは「マチ付き」を意味します。
直方体形状のものを包装する際に都合が良い形状です。
横ガゼットタイプと底ガゼットタイプの二種類がありますが、横ガゼットの代表はスーパーなどのレジ袋です。

レジ袋の左右にはマチが付いているので、マチのない袋と比較するとたくさんの量を包装することができます。
底ガゼットタイプはブティックや小売店で底部にマチのある形状の袋として使用されています。

ガゼット袋は製造の都合上、あまり分厚いフィルムでの製造が出来ません。
最大でも厚さ0.05mmが限界となります。

大型袋.comにて製造対応しているのは横ガゼットタイプとなります。
規格品は残念ながら取り扱っておりませんので、全てオーダーメイドにてお受けしております。

製袋機を使用し自動で製造できるので、角底袋に比べて単価を安く抑えることが出来ます。
代わりに、最低ロットは原反(原料)2000~3000M分となりますので、まとまった数が必要となります。

大量にご使用されるご予定があれば、1枚あたりを安く製造することが出来ますので、ガゼット袋をお勧め致します。

寸法表記について

ガゼット袋サイズ表記
 ※青いラインは熱溶着部分(シール部分)です

袋の寸法表記については、
厚み×最大幅(GZ仕上幅)×長さ
(例:0.03×1200(GZ800)×900)

と表記致します。

フィルム最大幅:(仕上がり幅)+(両サイドのマチの合計)・・・(1)+(2)+(3)
長さ:(4)
広げた時の高さ:(長さ)-(マチ)-(シール下)・・・(4)-(2or3)-10mm

仕上がり幅は(1)となりますが、両サイドのマチ(2+3)を足した長さは(1)よりも小さくなければなりません。
(同じ長さ=正方形の底は製造出来ません)

長さについては、広げるとマチの分高さが小さくなりますのでご注意下さい。
また、熱溶着(シール)部分は底から約10mm程度の位置に入りますので、内寸はその分小さくなります。こちらもご注意下さい。

  • オーダーメイド

関連商品のご紹介