メニュー
大きいサイズのポリ袋・ビニール袋の専門取扱サイト 大型袋.jp

大型袋とは? --- 防錆・防サビフィルム

コストダウンに効果的な防サビポリ袋・防サビポリフィルム

これまで、金属部品や金属機器の出荷や保管、輸送についての防サビ対策としては、
グリースや防サビ油を金属の表面に塗布する方法が一般的でした。

しかしこの方法ですと、「防サビ油の塗布」、「防サビ油のふき取り」という工程が発生するなど、
作業工程が増えることによる作業コストの高価さに大きな問題がありました。

また、近年では、環境に影響を与えるという面からも、防サビ油を塗布する方法では、
油の洗浄処理などの問題が発生し、防サビ油に代わる、
環境に優しい防サビ対策が必要となりました。

防サビポリ袋や防サビフィルムは、ポリエチレンフィルムの特製に防錆機能をプラスさせ、
上部から覆いかぶせるだけで長期間の防サビを実現し、
これまでのように防サビ油を使用しなくても、簡単に防サビ効果が得られる包装方法です。

もちろん、防サビ油の塗布、ふき取りなどは発生しませんので、
作業工程も短縮でき、作業効率をカイゼンする方法として人気があります。

用途例

・金属の保護包装
・鉄製品の保護包装
・非鉄金属部品包装
・自動車部品包装、自動二輪部品包装
・機械包装(輸出機械保護包装)
・輸出機械包装
・鉄鋼関連製品包装
・家電製品包装
・電子部品包装
・プリント基板包装、半導体関連製品包装

防サビのメカニズム

結露現象により、大気中に含まれている水蒸気が冷やされて水滴に変わります。
この水滴が金属表面に付着すると、金属面に不均衡電位が生じ、
これによる電気化学反応によってサビが形成されます。

防サビフィルムに混練されている気化性防サビ成分は、常温で徐々に昇華(気化)して
大気中の水蒸気を溶解します。

水蒸気中に溶け込んだ気化性防サビ成分によって、金属表面にできる不均衡電位を抑え、
電気化学反応を抑制して防サビ効果を得られます。


機能の説明

フィルムから発生する気化性防サビ成分(気体)が防サビ効果を発揮します。
気化性防サビ成分は空気よりも比重が重いため、包装したいものの上部から覆い被せるかたちで
包むだけで防サビ効果が得られます。

保存期間は1年以上(保証するものではありません)継続します。
鉄、非鉄金属のいずれにも効果を発揮します。


◆過酷な環境下でも長期間防サビ可能

フィルムを1重包装するだけでも防錆有効期間1年以上の
高効力を持ち(期間を保証するものではありません)、
高温、高湿下などの過去な現場環境でも高い効力を発揮します。

機械、・自動車をはじめ、各種部品関連の輸出・保管に最適です。


◆作業負担を大幅軽減

防サビ油を塗布する、ふき取る、洗浄するなどの工程を削減できます。
また、薬剤を混練加工しているため、フィルムには裏表がなく、作業が容易です。

内容物の確認ができる透明フィルムで、機能ごとに透明カラーで着色してあるので、
中身が常に確認でき、輸出時の受入通関もスムーズに行うことが出来ます。


◆世界に認められた安全性

発ガン性物質「ニトロンアミン」、「第二級アミン」を使用しておりません。
米国F.D.A.(Food Drug Administaration)など、世界各国において安全面での認定を受けており、
作業時の人体への悪影響はありません。

硫化物、塩化物、ハロゲン類を含有しませんので原子力関連機器への使用に差し支えありません。

防錆・防サビポリ袋・フィルムの商品についてはコチラ↓↓
http://bigpack.jp/list/d20.html