メニュー
大きいサイズのポリ袋・ビニール袋の専門取扱サイト 大型袋.jp

用語解説 --- 低密度ポリエチレン(LDPE)

低密度ポリエチレン(LDPE)とは?

【低密度ポリエチレンの歴史】

低密度ポリエチレン(Low Density Polyethylene,通称LDPE)は、
1933年英国CI社の実験室で始めて合成され、
1939年、同社により工業生産されました。

当初はその優れた電気的性質により、軍事用レーダーに使用されていましたが、
その後、フィルムとして各種包装用として利用されるようになりました。
現在ではLDPEの用途の約7割がフィルム製品用として使用されていると言われています。


低密度ポリエチレンの特徴

フィルムの耐衝撃性が強く、引き裂き強度にも優れているため、
汎用包装フィルムとして使用されています。

また軟化温度が80~90℃、融点が110~120℃と低温なので、
ヒートシールしやすく、単体として様々な用途に使用されるだけでなく、
ラミネートフィルムのシーラント層としても用いられています。

1)フィルムなど押し出し成型がしやすく、ヒートシール性に優れる
2)耐衝撃性に極めて優れる
3)透明性がある
4)防湿性に優れる
5)電気的性質に優れる